HOME > スパンクリート床 > 一般床:製品解説

  • パネル単体で仕上げ荷重や積載荷重を支持する工法です。
  • 床の区分は次の通りです。  
    一般床・屋根: 躯体にスパンクリートを溶接・ボルトにより結合する工法で水平力は負担しません。
    置床: 躯体と結合しない工法で、周囲に脱落防止を施した受梁に架け渡すだけです。
  • スパンクリートの床・屋根用の製品は厚さ70mmから315mmまで12種類、幅は1,000mmと1,200mmがあり、耐力はプレストレスの導入量により30種・45種の二通りあります。設計条件により選択できます。
    また、必要に応じスパンクリートには断熱材・吸音材を打ち込むことができます。
  • スパンクリートは原則として単純梁としてご使用下さい。ただし、設計条件により跳出し・連梁としての設計も可能です。
  • 受材のかかり寸法は、40mm以上かつ設計スパンの1/100以上とします。ただし、RC・SRCは、施工誤差などを考慮して、+20〜30mm増やして下さい。
  • 工場での穴あけや切欠き加工も可能ですが、設計条件により限界値が異なりますので、あらかじめご相談下さい。